2015年07月14日

四柱推命で財運まるでだめでも

四柱推命で貧格とわかってがっかり元気のない貴方が希望を
もてるお話です。
・・・ときいて最後まで記事を読んだ方は大運をもう一度みなおして
いませんか?喜運が来年からでマイホームを考えている貴方かも
それません。

お住いの前方を明堂といいます。
明るく広く開けているといい風水ですね。
お役所はおおかたそうなっています。
そもそも税収という手堅い財源があるところはやっぱりですね。

山形県庁の庭は西南で24山方位のうち<坤方位15度範囲>に池があります。
建物周辺の風水環境を鑑定するとき乾坤國寶(けんこんこくほう)というロジックを使います。
建物坐向で「庫池」方位がでます。井戸とかあるのがよろしいです。
実際、井戸ではありませんが理論上適用できるのが山形県庁にありました。
再度、やっぱりでした。

理論だけでなく検証してみると該当する屋敷はやまっぱりの連呼なのであります。
感動していただけでは開運といいません。
実践できるちゃんすがある方!つまり新築予定の方は是非、井戸を検討しましょう。


ついては、新築で井戸を掘れる土地の面積や水脈など環境があるかどうか?
水質など飲める水準であれば是非検討してみてください。
なお「庫池」方位のわからない風水師はたくさんいますので小生を迷わず
ご指名いただければ早いです。
井戸水の水脈を確認する際には間取とのかねあいで注意しなければいけません。
それは鑑定依頼された方にのみ教えます。
「庫池」方位に井戸があれば鑑定料金なんて自営業の方なら翌年までには元取れます。
あとは守護霊さまがこの人に頼みなさいという声にすなおに反応できるかどうかですね。

井戸が掘れるような環境にない場合は、ご紹介した水法で後天水が自宅の前を通過しているか
からチェックします。狭小間取でなんかとあきらめていないで確認してみましょうね。


お問い合わせはteacupのメールBOXからどうぞURLは
http://9102.teacup.com/fengshui/mbox

  続きを読む


Posted by たかみち at 16:59Comments(0)お知らせ