2015年02月26日

いい五行来ているのに最悪の運になるケース

天干が全部同じ>研究事例
四柱推命専門HP http://takamichi-uranai.com/?p=554
で新事例本日公開

このブログでは公開しません。
下記のマンゼさんの四柱推命鑑定事例もあります。


  
タグ :滴天髄


Posted by たかみち at 08:03Comments(0)

2015年02月22日

CMみたいに夫にサラリーマンに戻ってと泣かないために

1965年1月14日 イギリスのバイオリニスト兼指揮者にマンゼさんという方います。


下記のとおり、独立してどんどん成功していく運勢にあります。よらば大樹の陰、昔、植木仁のサラリーマンとは気楽な稼業ときたもんだ!という裏がありました。会社勤めが苦手で飛び立舌が事業失敗!!家族が苦労という事例があるので奥様は不安いっぱいですね。

でも、四柱推命で、そもそも商売で成功するのがわかっていれば奥様も安心で、いずれは社長夫人として羽振りがよくなります。自分のも鑑定すれば、より確実に安心できます。

ただし四柱推命だけに終わり玄空飛星の風水を活用しないといずれは来る大運の忌時期に苦労します。お守り程度に考え、あまり気にしないのが偉いと思う勘違い人間は天界の魔ものにやられカルマのまま苦しむことになります。子供の教育費もかかりますし、病院から独立しクリニックを開業するときは跡継ぎ長男の学費は尋常ではありません。そのため過剰診療で劫を積まないようにクリニックも風雨氏設計しましょう。モンスターペイシャント、職員による内部告発で保険医認定取り消し・・・うまく行っているようで人間関係でギクシャクなどクリニックも経営は楽ではありません。

芸術家の事例ですが、このような貴富命でしたら風水知らなくとも運がいいので、それにあわせて風水の方でいいのがかってにやっいぇきますけど、そんなにそんなにたくさんいるわけではありません。足りないところは玄空飛星の風水と奇門遁甲で補いましょう。(色や置物は重要視しません。)



命造
甲辰(偏官=バイオリン会の異端児という異名がある。)
丁丑(音楽学者として印綬丁)
戊辰
不明(丁巳?演奏家なので傷食の働きが良くないといけません)

正財格(水旺)

用神 戊
喜神 火土
忌神 金水木
徴候 火
日主柱に根、印からの生もあり、そんなに身弱ではない。

大運(立運7歳)

東方は年干甲の根となりイングリッシュコンソートのコンサートマスター 甲偏官がほどよく疎土
南方からピノックの後任で監督 2003年癸丑 朋冲があると大きな事象がある。墓庫が開くどうのこうのではない。
2006年指揮者として初の常任指揮者 丙戌である。これも朋冲

生まれ時間が推測とおりであれば財官、調候よろしく五行の流れ、バランスも優れ生涯、順帆満帆であるに違いありません。

  

Posted by たかみち at 13:04Comments(0)

2015年02月16日

研究事例

四柱推命専門HPのブログ更新しました。
こちらには転載しませんので下記URLでご覧ください。
http://takamichi-uranai.com/
最新記事紹介
滴天髄をたかみち流に斬る!土旺生まれの水局について
事例 フルート奏者パユさん>芸術家には傷食が大事な証左

鑑定依頼は電話022‐220‐0489さとうたかみち
個人の鑑定依頼の場合は四柱推命まったく初めてでもわかるように解説しています。
専門用語わからなくても大丈夫です。  続きを読む

Posted by たかみち at 05:58Comments(0)